コーヒーカップについて

コーヒーカップについて


コーヒーカップ(coffee cup):コーヒーを飲むときに用いられる食器


コーヒーカップは、食器の一つ。


一般的にコーヒーカップは、コーヒーを飲むときに用いられる。


特にホット・コーヒーを飲む場合にコーヒーカップは用いられ、アイスコーヒーの場合はコーヒーカップではなくグラスに入れて提供されることが多い。


最も一般的なスタイルは、取手付きのコーヒーカップとソーサー(受け皿)を一揃えにしたものから成る。


ただし取っ手がないものや、受け皿がないコーヒーカップも多く存在する。


コーヒーカップ用量は100〜150ml程度のものが多い。


一般なスタイルのコーヒーカップは、紅茶用のティーカップと比較して口が小さく、カップの上下での幅の違いが少ない。


これは一説には、コーヒーの香りが飛んでしまうのを抑え、コーヒーが冷めるのを防ぐためだと言われる。


特殊なコーヒーカップを紹介


●マグカップ

大型で取っ手の付いたもので、通常は受け皿がない


●デミタス

通常の半分程度の大きさで、エスプレッソを飲む場合に用いられる。


●カフェオレ・ボウル

カフェ・オ・レ を飲むときに用いる専用の食器。大きめで全体的に丸い形状であり、取っ手がない。




Copyright (c) コーヒーカップtoコーヒーカップ. All rights reserved.


コーヒーカップtoコーヒーカップサイトTOPへ

トップ > コーヒーカップについて > コーヒーカップについて

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。